ネット銀行として有名な楽天銀行もカードローン商品を展開していますが、楽天銀行の場合はおまとめローンとしての商品展開こそないものの、「使用目的」として借り換えを認めている銀行のひとつで、同業のオリックス銀行もおまとめローンとしては人気の高いカードローンを用意しています。。

楽天銀行カードローンは、「楽天銀行スーパーローン」の商品名で展開されており、銀行系カードローンであることから個人的に収入を得ていない専業主婦であっても融資を受けることができるというメリットがあります。

 

また、楽天銀行スーパーローンの特徴として適用される金利が年1.9%~14.5%という低金利であるという点があります。


おまとめローンを利用するうえで、金利は非常に重要なポイントであり、既存の借入先よりも適用される金利が低くなることで、おまとめローンを利用するメリットが高くなります。

その意味でも、業界屈指の低金利を誇る楽天銀行なら、借り換えでおまとめローンを利用する価値は非常に大きなものがあるといえるでしょう。また、楽天銀行では最大で800万円まで融資を受けることが可能であり、もちろん融資を受ける際に楽天銀行に口座を持っておく必要もありません。

このように、様々なメリットを持った楽天銀行スーパーローンですが、デメリットとしてはネット銀行のため実店舗を持たないという点にあります。そのため、返済などはコンビニや銀行のATMを利用することになるのですがその場合に金額に応じた手数料発生することがあります。

金額的には大きなものではありませんが、回数が増えればその分の負担も大きくなりますので、楽天銀行でおまとめローンを利用するのであればこうした点も考慮して申し込む必要があります。

楽天銀行のおまとめローンを調査しました

おまとめローンを検討中なら、やはり重要になるのが会社選び。そこでおまとめローン商品を代表する会社のひとつとして「楽天銀行のおまとめローン」を調査してみました。

おまとめローンの会社選びは失敗すると審査が可決しないという事も考えられ、そうなると当然なんとか別の会社でおまとめ商品を利用出来ないかと考えますから、何度も申込みを繰り返してしまうと考えられます。

当然そうなると「申込みブラック」として個人情報機関に登録されてしまいますので、結果的にどこの会社のローンも利用できない状態になってしまいますので、会社選びは慎重に行う事をお勧めします。

そこでおまとめ商品提供の会社と言う事で「楽天銀行のカードローン」を紹介をすると、金利が低く尚且つ限度額の大きいカードローンであり、この商品ならおまとめにも適用可能だと思われます。

 

仮におまとめローンとして100万円の融資を受けたいという場合も100万円以下の限度額での申し込みは、収入証明の必要もありませんので面倒な作業が要りません。


ですが、おまとめ商品を利用する場合は、多くが100万円以上の限度額を希望されると思いますのでその場合は収入証明が必要ですが、100万円以下の限度額となる場合は必要なく、とてもスピーディーな対応となります。

ただし楽天のカードローンの場合は、あくまでおまとめローンというものではなく限度額の大きいカードローンとなりますから、おまとめ目的での利用の場合は、フリーローンとしての利用を検討し申込みを行い、審査が可決となればそこからキャッシングで他社の返済へまわすというような形になります。

いずれにしても楽天銀行のカードローンは、低金利で限度額も800万円と高額の業界トップクラスのカードローンですから、おまとめローンとしての目的利用にも最適な商品ではないかと思います。

ただし借入れの額により利息が決まるカードローンなので、借入れの額により金利も異なりますから、その辺もおまとめローンを検討中の場合は確りと確認しなくてはいけませんが、審査における柔軟さは楽天銀行のカードローンの場合は、厳しいか否かを判断するとやや厳しい部分はあるものの「柔軟であるという声も多く」ありますので、申込みする価値は大いにあると考えられます。

おまとめローンは、やはり限度額が大きくなる商品ですから当然通常の審査よりも厳しい傾向となりますが、審査に自信が無いという場合は、自身のスコアリング(審査における条件)をしながらより審査に柔軟な会社のおまとめ商品を選択して申込みする事が計画的返済、ストレスのない返済が出来る事につながりますし、おまとめローンをスムーズに成功させる秘訣です。