楽天銀行カードローンは、限度額も大きく金利も低い、尚且つポイントもたまるカードローンなので、お得感、利便性の高さで非常に人気を得ているカードローンです。

しかし、他の金融商品同様に、良い面もあれば悪い面もありますので、このメリットが多い楽天銀行カードローンにもデメリットがあり、それが金利の変化。

これは楽天銀行カードローンに限らず、どこでも属性に問題が出てくると金利や条件が異なると思いますが、ある方のケースでは、楽天のカードローンを利用中に事情により属性が悪いとみなされ、いきなり金利を上げられたというケースがあります。

これは限度額の変化ですね。例えば最初に150万円の限度額が出ていれば金利は9.6%~14.5%です。これが金利12%だったとしましょう。更新や借入状況により限度額の見直しをかけられて限度額が50万円になればこの時点で金利は14.5%になります。

これは意図的に金利を上げたのではなく、与信が低くなったため限度額を下げられたためにそれに適用する金利が上がっただけなのでどのカードローン業者でもある措置です。

また、カードローンでよく借入する金額はだいたい50万円までで、最初に出る限度額も大体50万円ですから金利は最大の14.5%がほとんど。この最大金利が14.5%他のどのカードローンよりも低いので楽天銀行カードローンを選ぶべきなのです。

解決!!

また、ある方のケースは、いきなりの利用停止と言うケースもありますし、時間に関係なく手数料がかかると言う方もおりますので、こうした部分が楽天銀行カードローンのデメリットではないかと思われます。

楽天銀行はネットバンクですので自社ATMはありません。あったとしても都市銀行でも預金の引き出しは手数料が掛かってしまうのが現状です。

時間に関係なく手数料が掛かってしまうというのは楽天銀行カードローンと各ATMとの提携具合をしっかり把握していないからになります。

楽天銀行カードローンでは返済は全提携先手数料無料、借入は無料と有料のATMがあるので借入無料のところをしっかり把握しておけば手数料が掛かってしまうというデメリットはなくなります。

解決!!

中には、オペレーターの対応が非常に悪いと言う方もおられますので、楽天銀行カードローンのデメリット部分は、こうした状況の変化に伴う見直しからくる利用内容の変化といえ、その内容を事前に報告なしで変えてしまう場合も多いようなので、仮に利用者側の落ち度でその利用状況になっているとしても、事前の説明が必要ですから、楽天銀行カードローンのデメリットとは、そうしたケアの充実度がイマイチと言う部分が、あげられるのではないかと思われます。

楽天銀行はネットバンクですから極力そういった連絡はメールでの通知となっています。その他のカードローンも現在ではオペレーション簡略化の為にそうなっています。会員サイトから元で額・金利等もチェックできることからこれは自身の怠慢でしかないと思われます。いまやスマホでもネット閲覧できる訳ですから借りる前の情報はしっかり確認すべきですよね。

解決!!

中には、楽天銀行のカードローンへ申し込みをしたが、結果すら来ないと言うケースもありますし、その反面、5社以上の借入があり、尚且つ300万円近い借入れがある方が可決舌と言うケースもありますので、このカードローンの審査の内容はわかりませんが、人により対応が違うと言う部分も楽天銀行カードローンのデメリットと言えるのかもしれません。

属性が悪く、ローン等組めないような相手でもやはり商品を提供しているわけですから、対応はきちんとしなくてはいけませんが、楽天銀行のカードローンの場合は、人によりその対応が異なる事が伺えるので、こうした部分が無くなると今以上に評判も上がり、人気も高まると思われますが、既に楽天銀行カードローンは、カードローンの中でも上位に選ばれるカードローンなので、人気は高い商品と言えますが、やはり人気が高く支持率の高いカードローンだけに今まで以上にこのようなデメリットをなくしていくべきかと思われます。